企業広報力調査

自社の広報力について、客観的な評価基準が無いことに悩んだことはありませんか? 企業広報戦略研究所では、客観的なデータに基づき企業の広報力を測定するため、オリジナルの「広報活動オクトパスモデル」を開発。このモデルに基づいて上場企業の広報担当責任者を対象に「企業広報力調査」を実施し、533社からいただいた回答をもとに日本国内の上場企業の広報力について分析を行いました。「広報活動オクトパスモデル」を用いることで客観的に自社広報力の強みと弱みを把握し、業界内や自社内で比較をすることが可能になります。今後の戦略的な広報活動の展開にご活用ください。

 

企業広報力調査のポイント

  • ・国内企業平均・業界平均と比較し、自社の広報力の強みと弱みを把握できます。
  • ・広報ターゲット(メディア・デジタル・ステークホルダー)ごとに広報力を測定できます。
  • ・継続して調査を行うことで、自社の広報力の変化を、データに基づき時系列で分析することが可能になります。

※調査にご協力いただいている企業名などは、開示しておりません。

企業広報力調査の仕組み-8つの広報力

「企業広報力調査」では、オリジナルの「広報活動オクトパスモデル」に基づき、「情報収集力」「情報分析力」「戦略構築力」「情報創造力」「情報発信力」「関係構築力」「危機管理力」「広報組織力」の「8つの広報力」で企業の広報活動を評価します。「8つの広報力」は各10問ずつ計80問の設問で測定を行います。

広報活動オクトパスモデル分析

無料のお試し調査で、貴社の広報力を簡易分析できます。

今回、企業広報力調査を簡単に体験できる無料の「お試し調査」サイトを用意いたしました。24の質問にご回答いただくだけで、自社の広報力が測定できます。 ※企業広報力調査は基本的に上場企業向けに設計されたものですが、無料「お試し調査」では非上場企業の「広報力」も測定していただくことが可能です。

「企業広報力調査」個別診断レポート(有料版)もご提供可能です。

ご興味をお持ちの方には、「個別診断レポート」を有料(税別30万円~)にてご提供しております。 計80問の設問にご回答いただくことで、自社の広報力の強み・弱みや、全体・業界・クラス別平均との比較結果がより詳しくわかります。 また、回答企業の傾向と自社との違いに関するデータも「個別診断アクショングラフ」として、ご提供いたします。 下記からお問い合わせをいただければ幸いです。
個別診断レポート
個別診断レポート
個別診断アクショングラフ
個別診断アクショングラフ

※全体・業界・クラス別平均のスコアはご報告内容に含まれております。 ※本調査にご協力いただいている企業の名称・データについては一切開示しておりません。ご了承ください。 ※企業広報力調査は上場企業を対象に設計されたものですが、非上場企業向けにも内容を調整してご利用いただくことが可能です。