企業広報力調査
無料「お試し調査」

自社の業種を選択の上、以下の24問について「YES」または「NO」をチェックして、「結果を見る」をクリックしてください。無料「お試し調査」の結果が、すぐに表示されます(無料「お試し調査」では、業界平均などとの比較はできません)。

  • オクトパスモデルの図表     
    調査結果イメージ

貴社の業種を選択してください。

  • 1 広報活動に役立てるために、海外の関連情報を収集している
  • 2 独自の人脈で、インフルエンサー(有識者やNPOなど)から情報収集をおこなっている
  • 3 自社に影響を及ぼす法規制や行政の動向について、継続的に把握している
  • 4 ソーシャルメディア上での自社や業界に関する書きこみ・評判等を分析している
  • 5 今後の主な出来事や社会動向の予測をおこなっている
  • 6 報道された記事や番組の定性的評価分析をしている
  • 7 広報戦略は、経営戦略とリンクしている
  • 8 競合企業の広報戦略を分析し、対策をとっている
  • 9 中・長期的広報戦略・広報計画を作成している
  • 10 トップのプレゼンテーション力・表現力を強化するためのトレーニングを定期的に実施している
  • 11 自社だけでなく、NPOや調査機関と連携し、広報素材・情報づくりをしている
  • 12 トップのメッセージを専門的に作成する社内・外の体制がある
  • 13 ニュースリリース発信の際は、ワイヤーサービス(電子的情報配信システム)を利用している
  • 14 トップは定期的にメディアの取材を受けている
  • 15 ソーシャルメディアを活用した情報発信を行っている
  • 16 顧客や地域住民と直接(オフライン)的に交流する機会を定期的に設けている
  • 17 トップがメディアと懇談する機会を定期的に設けている
  • 18 広報責任者が、インフルエンサー(有識者やNPOなど)に直接会う機会を定期的に設けている
  • 19 業界・競合企業で発生したリスク事案を把握・研究している
  • 20 自社の経営リスクの予測レポートを作成し、定期的に役員に報告している
  • 21 定期的に緊急時シミュレーショントレーニングを実施している(広報以外の部門を含む)
  • 22 社外の有識者を含めた社外取締役制度やアドバイザリーボードを設置している
  • 23 トップと広報が情報交換する機会がある
  • 24 広報部門が、社内の各事業部門や海外現地法人と定期的に情報交換する仕組み(会議設置)がある
まだ全ての設問の回答が
完了していません