NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役常務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

あらためてレピュテーションを考える①

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

ブランドとレピュテーションは何が違いますか?

意外に少なくないこの質問には、私はいつも以下の様にこたえます。

ブランドは、“思われたい自分”の具現化です。企業ブランドであれ、商品ブランドであれその心は同じです。ブランディングは、“思われたい自分”を積極的に伝えるためのコミュニケーション行動(行為)ですので、メッセージやクリエイティブに彩られた表現をターゲットに理解・浸透させることでしょう。結果として“思われたい自分”と“思ってくれる相手”の気持ちが同じになった時に、ブランドはお互いの約束ごとになります。

しかし、“思われたい自分”を伝える時に大きな影響を持つものが、第三者の評判です。特にソーシャルメディアの普及している現在では、大きな影響力を持ちます。厄介なのは、評判は思わぬところから発生することが多いことです。この評判によって、ブランドはもとより企業価値全体が毀損することはまれなことではありません。つまりいくら“思われたい自分”がいたとしても相手にどう思われているか、もっと言えば、その相手をとりまくステークホルダーにどう思われているかという評判がターゲットの相手の気持ちに大きな影響を与えるわけです。この評判こそが、レピュテーションに他なりません。レピュテーションをマネジメントすることが、ブランディングにも好影響を与える。という意味では、私はレピュテーションがブランドの上位概念だと考えています。これについては多くの反対論者もいると思いますが、これが私の持論です。

それゆえ、「企業をとりまくあらゆるステークホルダーに対するリレーションづくりを通して、その企業のレピュテーションマネジメントにより企業価値を向上させること」が私の仕事だと定義しています。こう言うとコーポレートコミュニケーションと混同される方がいますが、そうではありません。レピュテーションは企業を取り巻く多くの事柄についての総体評価です。財務状況は無論のこと、商品の品質管理、コミュニケーション表現、フェアトレードにいたるまで様々です。特にソーシャルメディア社会では、社長の行動・言動がすぐに明らかにされ、企業の信用に直結し生活者の購買行動やブランド形成に直結するようになります。そこで、レピュテーションをマネジメントすることが必要になるわけです。ではレピュテーションをマネジメントする指標とはどんなことでしょうか。(次回に続く)