NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役常務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

●●は忘れた頃にやってくる

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

行列は苦手です。 

 グルメを気取る日本人の多くは、並ぶことをいとわないのでしょうか。私は、並んでまで食べるということに気持ちが動かず、大概の行列を横目で見ながらパスしています。1時間並んでラーメンを食べる・・といった感覚が理解できないタイプです。

一昨年前の秋ごろだったでしょうか、テレビで全国の人気グルメが紹介される番組がありました。どんなに並ぶ人気料理も、食することはできないにせよ、どんな料理なのかを確認できるのがテレビ番組の良いところです。そんな中で、目を引いたのが、香川県のクロワッサン餃子でした。どんな餃子かと言うと、以下のコメントがホームページに書いてあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「当店では、讃岐うどんの本場、香川で一流の職人さんに、独自で開発したオリジナルの皮を作っていただいています。そもそも「クロワッサン餃子」とは、常連のお客様達に呼ばれていた名前。その食感は、普通の餃子の枠では考えられない、焼き目のパリパリ感、表面のモチモチ感。「最初の食感は、有名店のできたてクロワッサンとしか表現できない」と言われ、中からふわっと弾けだす肉汁とのハーモニーにこだわっています。」

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これは、おいしそうと家族皆で身を乗り出す。特に餃子好きの家内は、目を輝かせて凝視しています。この餃子は原則通信販売ですが、週に1度だけ車で野外販売され、4000個の餃子が、ものの30分で完売するほどの人気とのこと。並んでいるお客さまも、「今まで食べたことのない食感。何個でも食べられる」と口をそろえて唱えています。これは、おいしそうだと私のグルメアンテナが珍しく感知。通信販売なら並ばなくても買える。というわけで早速ホームページにアクセスしました。“1セット50個入り2500円。”なかなか良い値段だなーと眺めながら、予約ページに飛ぶと、「現在お届けまで1年以上待ち」の文字。今まで、そんな通販に出会ったことがないので家族全員が唖然。とはいえ、並ぶわけでもないし、来年の年末にでも食べられれば良いかも・・と、100個の餃子を注文したのでした。

 注文したことも忘れかけていた、今年の6月のはじめ、1通のメールが届きました。「お待たせいたしました。ご注文の餃子をお届けします。」そうです、あれから1年半、ついに我が家にクロワッサン餃子が届く日が来たのです。注文時のメールを確認すれば、まさに1年7カ月前の記録が残っています。家族そろってむさぼるように食べたのは無論ですが、そもそもどんな餃子だったのかを、放送内容も忘れてしまった今、普通においしい餃子をあっという間に平らげたのでした。

 先ほど、ホームページをのぞいてみたところ、2年待ちと書いてありました。我慢強い皆さんなら、今日にでもご注文してはいかが。