NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役常務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

高級ホテルのビアガーデン西東

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

初夏の夕方、昼間の気温も下がり心地よい風がとても過ごしやすく感じるのは、ほんの少しの期間です。この頃になると、全国各所でビアガーデンオープンのニュースが増え始めます。真夏の暑い夜に、汗をかきながら飲むビールと違い、さわやかな初夏の宵にふさわしく、大人が集まるちょっとセレブなビアガーデンに行ってきました。

大阪駅からほど近い高級ホテルの5階のオープンエアの小空間に、たった16席のビアガーデンが、今年初開催されたのです。ガーデンテーブルの席には、真っ白い高級ナプキンがセットされています。お客様の多くは女性同士の方々で、一般的なビアガーデンで飲むよりも少しばかりドレスアップしていると感じたのは気のせいでしょうか。当方はといえば、酒専門のジャーナリストと寂しく男二人でグラスを傾けることに。

90分制で4500円。3種類の生ビールと今巷で人気のクラフトビール各種が飲み放題です。大阪、神戸、京都、和歌山で人気のクラフトビールなどたっぷり堪能しました。ビアガーデンといえば、つまみは枝豆、焼き鳥・・といった感じですが、そこは高級ホテルですから、しゃれた木のプレートに並ぶのは、生ハム、サラミ、ピクルス、ドライフルーツなど。いつもと違った、ビアガーデン体験となりました。9月末日まで開催されていますが、何ぶん16席なので、予約はお早めに。

大阪のつまみプレート

大阪のつまみプレート

六本木ではカクテルも

六本木ではカクテルも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、東京のセレブな街六本木の高級ホテルでも、今年からビアガーデンが開催されています。そびえたつ六本木のランドマークのビルを見上げつつ、こちらも心地よい風の中でのひと時です。こちらは120分制で、レギュラーの6800円とプレミアムの8800円の二つのプランが用意されています。ビール、ワインなどの飲み放題は無論ですが、おいしいおつまみも食べ放題とあってなかなかの満足度。場所柄、外国人のお客様も多く、ビアガーデンというよりも海外のホテルでのテラスを楽しんでいる感覚になりました。今年のトレンド、高級ホテルのビアガーデンに皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。