NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役常務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

世界の異常気象を実感

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

茨城県常総市を中心とした北関東大洪水で被災された皆様に、あらためてお見舞い申し上げます。8月中旬までの猛暑から一転、下旬からは秋を思わせる日が続き、加えて秋の長雨となり、残暑を感じない9月でした。大洪水が起こる前から、メディアでは異常気象の特集が繰り返されて、世界的な気象変動の要因についていろいろと解説がなされていました。

日本の気候が亜熱帯化していると、ここ数年実感していますが、異常気象は世界各地で起こっているようです。

雷鳴とどろく大雨で、ワイパーも効かない。冠水間近の道路を進むことをあきらめ、後戻りを余儀なくされ、雲の切れ目を求めて車を走らせたこの夏。いったいここは、どこ?

南の楽園、常夏の島ハワイは、今年ハリケーンの当たり年となりました。天気予報では毎日、雨マークが続く状態で、この日のために楽しい旅行を計画されていた方々も、ショックが大きかったかと思います。聞けば、7月下旬からハリケーンが周辺で生まれ、その影響で風が強く波も高め、加えてエルニーニョ現象でとにかく蒸し暑いというのが今年のハワイの特徴だったようです。山側に比べて晴天率の高いハワイの最大観光地オアフ島のワイキキ周辺も、今年は雨に悩まされた夏となりました。

私が今年訪れたのは、8月下旬。到着から2日ほどは快晴に恵まれましたが、3日目の大雨では、夜中に雨風の音で目が覚めるほどの激しさに、少し恐怖を感じるほどでした。以降は、午前中に少し晴れ間が見えて、午後には厚い雨雲とともにシャワーが降るという天気の繰り返しになりました。こんな経験は初めてでした。帰国の日は一番の青空となりましたが、現地の友人は翌週末のハリケーン直撃予報に備えて、大量に飲料水を買い込んでいました。

この原稿を書いている時も、現地の天気予報をのぞいてみると、見事なまでの雨マーク。あくまでもシャワーが降る程度の一時雨ということのようですが、やはりホノルルの天気は、晴れマークが並んでいてほしいですね。これから出かけられる方は、今年は少しだけ天気予報をチェックすることをおススメします。