NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役常務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

ハワイ産の芋焼酎「浪花」に酔う

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

ホノルルもここ数年、少しずつ天候が変化していて、湿度が高く雨模様の日も多くなっています。東京に比べれば、まだまだカラッとしていますが、気候の変化は世界規模の感がありますね。スコールではない長雨はハワイには似合いませんからね。

さて、高級コンドミニアムの建設ラッシュ、モノレール建設などニュースに事欠かないハワイですが、8月25日にオープンしたインターナショナルマーケットプレイスは、昔の面影は中央にある大きなバニアンツリーだけで、リニューアルオープンというよりもニューオープンの全く新しい施設です。並ぶお店も、高級デパートにブランドショップ、セレブが集まるキュイジーヌと、かつての姿はありません。

 

アラモアナショッピングセンターも高級路線の波は一緒で、ますます庶民と離れたセレブ観光地に拍車がかかっているようで、少々げんなりですね。日本の庶民には、高級デパートよりもおいしい食事ができる“横丁”みたいな方が安心できますからね。

 

私のハワイでの食事は、もっぱらB級グルメと相場が決まっていますが、今年は“ハワイの居酒屋”に2人のホノルル在住の友人に立て続けに2軒も連れて行ってもらいました。そのうちの1軒で、私を酔わせたのが「浪花」です。年間6千本ほどしかつくられない本格芋焼酎で、もちろん鹿児島で修業した日本人ご夫妻が丹精込めて手づくりしています。度数も高めで、香りも芋焼酎の良い意味でのクセを醸し出していて、芋焼酎好きにはたまらない逸品です。ニュースやネットでは耳にしていたものの、実際に実物を見るのは初めて、無論飲むのも初めてです。残念ながら、今春の出荷分は完売だそうです。

浪花①

おいしい酒肴も手伝って、くいくい進んでいくうちに、すっかり酔っぱらいました。

店を出て、アッ!ここはハワイだった!と・・千鳥足でホテルに帰るのでした。