沿革

2016年9月20日に 株式会社電通パブリックリレーションズはお陰さまで創立55年を迎えます。

7人の社員で開業した当社は、 日本のPR業界の草分け的存在として、 日本の成長とともに年を重ねてきました。

この当社の歴史ページで 当社の今までの歩みの片りんを 皆さまにもご覧いただければ幸いです。

株式会社電通パブリックリレーションズ

1960

1961年9月20日、株式会社電通PRセンター(現:電通パブリックリレーションズ)を東京の銀座にて創業。 初代代表取締役社長永田久光のもと、7人の社員で開業。この創業当時の7人の社員は、”7人の侍”と言われている。(右写真:左から秋山数馬、東平功将、吉田勇、秋山幸作、岡本宏、辻力、永柳徹二) 1964年には大阪支社が開設された。

初代社長 永田久光
初代社長 永田久光
創業当時の社員7人の侍
創業当時の社員7人の侍
1961年(昭36)9月
銀座『テレビ会館』(現:電通恒産第3ビル/中央区銀座2-16-7)9階の一室に事務所開設。
創立当時の事務所
創立当時の事務所、 銀座テレビ会館(現:電通恒産第3ビル)。 首都高の場所には運河が流れていた。
東平の業務日誌
東平の業務日誌の初日のページには、
山一證券との業務について書かれている。
1963年(昭38)5月
本社をエントツビル(銀座東3-1:当時)に移転
昭和通りに面した新社屋 通称煙突ビル
昭和通りに面した新社屋へ移転。 通称煙突ビルと呼ばれた。
1964年(昭39)1月
大阪支社開設 業務開始
海外PR活動の活発化に備えてテレックスを設置
1964年、海外PR活動の活発化に備えてテレックスを設置。

1965

1968年11月、十時柾秀が第2代社長に就任。十時は、1975年に設立された日本PR業協会の初代会長に選任される。1969年には本社の社屋を銀座2丁目の電通恒産第1ビルに移転。

第2代社長 十時柾秀
第2代社長 十時柾秀
漢字テレタイプ装置
1965年(昭40)4月1日、 電通PRセンターは漢字テレタイプ装置を完成。 全国の新聞社に向けて産業界のニュースを速報した。
1969年(昭44)12月
本社を電通恒産第1ビル(中央区銀座2-16-7)に移転。分散していた事務所を統合。
電通恒産第1ビル
電通恒産第1ビル
メディアリレーションズスタッフ専用車
当時電通PRセンターは、 メディアリレーションズスタッフ専用車を複数所有し、 社員はこの車に乗って各新聞社・出版社へ プロモートに向かった。

1970

1970年6月、『日本万国博覧会』観察のため来日した米大手PR会社ルーダー・アンド・フィンの副社長ノーマン・ワイズマン氏が当社を訪問。十時社長と会談し、日本のPR会社と業務連携したいという申し入れを受けた。翌7月にR&F社との業務提携に関して正式に調印。9月にはR&F社のリエゾンオフィスが当社内にできた。1973年6月1日、電通名古屋支社内に当社名古屋支局を開設。1976年11月、伴信雄が第3代社長に就任。伴は1980年に2つのPR団体が大同団結して発足した日本パブリック・リレーションズ協会の初代理事長に就任している。

第3代社長 伴信雄
第3代社長 伴信雄
1973年(昭43)5月12日
大阪支社を大阪市東区高麗橋へ移転。
大阪支社
電通PRセンター 電話をかけている様子
当時電通PRセンターでは、 社内の電話交換手が電話を取り次いで
外部に電話をかけていた。

1980

1984年10月、九州支社を福岡市に開設。1985年2月には、大阪支社が北区堂島に移転。同年6月、田中一徹が第4代社長に就任。1989年には、黒水恒男が第5代社長に就任した。

第4代社長 田中一徹
第4代社長 田中一徹
第5代社長 黒水恒男
第5代社長 黒水恒男
ファクシミリが導入時のテープカットセレモニー
1983年(昭58)5月31日、 社内に初めてファクシミリが導入され、
テープカットのセレモニーまで行われた。
九州支局開局フォーラム
1984年(昭59)11月21日、 九州支局開局フォーラムが開催された。
1985年(昭60)2月
大阪支社を大阪市北区堂島へ移転。
大阪支社を大阪市北区堂島へ移転

1990

1991年、国際PR協会(IPRA)のゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンスで初めて賞を受賞。電通PRセンターは2部門で受賞したが、文化シヤッター(株)のプロジェクト「シャッター壁画『浅草絵巻』は、『International Public Relations ー Case Studies』(サム・ブラック著)でも取り上げられた。1995年6月、藤井茂博が第6代社長に就任。翌年9月20日、社名を電通パブリックリレーションズに変更。1999年6月、第7代社長に岩本一彦が就任。

第6代社長 藤井茂博
第6代社長 藤井茂博
第7代社長 岩本一彦
第7代社長 岩本一彦
文化シャッターのプロジェクト「シャッター壁画『浅草絵巻』
1991年(平3)、 文化シャッターのプロジェクト「シャッター壁画『浅草絵巻』」が、IPRAゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンスの「アート&カルチャー」部門にて最優秀賞を受賞した。
1996年(平8)
株式会社 電通パブリックリレーションズ(電通PR)へ社名変更

2000

2004年6月、第8代社長に宮下氏孝が就任。2005年、国際PR協会(IPRA)のゴールデン・ワー ルド・アワーズ・フォー・エクセレンスで初めてグランプリを受賞。受賞したのは、当社がエーザイ、ファイザーのために手がけた『Dementia Debunked (仮面をはがされた認知症)』。2007年6月、第9代社長に安藤克彦が就任。その後、2009年6月、石松茂樹が第10代社長に就任。同年11月には、当社が中央酪農会議のために実施したキャンペーンが、アジア・パシフィックPRアワードで最高賞のキャンペーン・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

第8代社長 宮下氏孝
第8代社長
宮下氏孝
第9代社長 安藤克彦
第9代社長
安藤克彦
第10第社長 石松茂樹
第10第社長
石松茂樹
2002年(平14)
株式会社 共同通信ピー・アール・ワイヤーに出資
2003年(平15)10月
分散していた事務所を電通恒産第3ビルに統合。
電通恒産第3ビル
IPRAゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンス
2005年(平成17)、
IPRAゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンスで、
初めてグランプリを受賞。
2009年(平21)11月、 アジア・パシフィックPRアワードで 最高賞BtoBビジネス・キャンペーン・オブ・ ザ・イヤーを受賞。

2010

2010年7月、電通PRは電通、および中国のPR会社藍色光標(ブルーフォーカス)と共同出資で電通藍標(北京)公共関係顧問有限公司を設立。2011年6月、第11代社長に近見竹彦が就任。2012年1月に銀座二丁目から築地五丁目に本社を移転。2012年、「PRSJ認定PRブランナー」が101人となり、社員・役員に占める割合が44.9%になった。101人という数字は一組織に所属する人数としては最多である。 2015年9月、「The Holmes Report」より、その年で最も優れた日本のPR会社として、「2015ジャパン・コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。 2016年3月、第12代社長に畔柳一典が就任。

第11代社長 近見竹彦
第11代社長 近見竹彦
第12代社長 畔柳一典
第12代社長 畔柳一典
2010年(平21)
電通藍標(北京)公共関係顧問有限公司共同出資・設立
2012年(平24)1月
本社を中央区築地 浜離宮三井ビルディング(中央区築地5丁目6番4号)に移転。
浜離宮三井ビルディング
PRSJ認定PRプランナー
2012年(平24)、 PRSJ認定PRプランナーの数が101人となり
社員のほぼ2人に1人は認定プランナーとなった。
「2015ジャパン・コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」受賞
2015年(平27)、「The Holmes Report」より、
その年で最も優れた日本のPR会社として、 「2015ジャパン・コンサルタンシー・
オブ・ザ・イヤー」受賞