広報活動を一つ上のステージへ!
戦略広報を実現するための広報力向上トレーニング「オクトパスプログラム」

電通パブリックリレーションズが提供する広報力向上トレーニング 「オクトパスプログラム」とは?

企業が十分な広報力を発揮するためには、日々の広報活動を推進するメンバーそれぞれの広報力向上が必須です。
電通パブリックリレーションズでは、社内シンクタンク・企業広報戦略研究所が研究を進める「企業に求められる8つの広報力」(広報オクトパスモデル)に対応したさまざまな研修をご用意しています。それが「オクトパスプログラム」です。

広報オクトパスモデル

広報オクトパスモデル
とはcsi
電通パブリックリレーションズ内の研究組織「企業広報戦略研究所」が、これまで実施してきた企業の広報活動に関するさまざまな調査・分析データ等をもとに、企業の広報力を「情報収集力」「情報分析力」「戦略構築力」「情報創造力」「情報発信力」「関係構築力」「危機管理力」「広報組織力」の8つに分類・定義しました。企業の広報活動の課題を検証する指標としても活用することができます。

「オクトパスプログラム」詳細

  1. 1情報収集力
  2. 2情報分析力
  3. 3戦略構築力
  4. 4情報創造力
  5. 5情報発信力
  6. 6関係構築力
  7. 7危機管理力
  8. 8広報組織力
1. 情報収集力
戦略立案に役立つ情報収集法とは何か「情報収集力向上」講座

誰もがインターネットに接続し検索エンジンを自由に使える現代社会。私たちが情報収集を迫られるとき、“誰もがアクセスできる方法”で取得した情報では、優れたアイデアや戦略の創出は難しいでしょう。本講座では、プランニングのためのリサーチの基本動作や、ソースの使い分けなど、広報担当者の基本である対メディア戦略の立案を念頭に置いた情報収集法を学びます。

学びのポイント:
  1. (1)PRプランニングのためのリサーチ設計のポイント
  2. (2)PRプランニングに役立つ情報ソースの活用法
2. 情報分析力
分析のスキルを身につける「情報分析力養成」講座

情報分析力とは、収集した情報に基づいて自社の経営課題や広報課題を洞察する力、そしてそれを組織的に共有する能力です。本講座は、情報の収集と分析について、フレームワークなどの手法を駆使しながら、あなたやあなたの属する組織を取り巻くステークホルダーを絞り込み、その背後にある論点を導き出す実践的なワークショップです。

学びのポイント:
  1. (1)ステークホルダーの分析:現状を正しく把握して関係性を整理
  2. (2)イシュー(論点)の抽出:検討材料を精査し、分析の視点を学ぶ
3. 戦略構築力
情報から仮説を導き出し戦略を組み立てる「戦略構築力実践」講座

課題を明確化して、その解決を図るのが広報における戦略構築の第一歩です。本講座では、広報課題を明確にし、達成すべきゴールにむけて最適なシナリオを組み立て目標を達成する、という一連のスキームをワークショップ形式で演習。広報力の向上に役立ちます。

学びのポイント:
  1. (1)戦略構築の3大ポイントを実践
  2. (2)企画書への落とし込みをフレーム化
  3. (3)集団講習形式で相互評価も可能
4. 情報創造力
世の中に広がるコンテンツをつくろう!「情報創造力」パワーアップ講座

世の中に広がるコンテンツとはなんでしょう。本講座では、メディアが取材したくなる視点と、人が話したくなる切り口という2つの側面から、世の中に広がるコンテンツづくりの「メソッド」を事例を交えて、学びます。

学びのポイント:
  1. (1)メディアが取材したくなる視点 編:PR IMPAKTに学ぶ6つの視点
  2. (2)人が話したくなる切り口 編:感情トリガーで分析する10の切り口
  3. (3)社会が求めるソーシャルポイント 編:カンヌライオンズから見る、ソーシャルポイント
5. 情報発信力
メディアが取材したくなる!「ニュースリリース」作成講座

企業が情報を発信する時、基本になるのが「ニュースリリース」です。本講座では、ベーシックな書式の学習から、事例研究、作成演習までを通して、「ニュースリリース」の基礎をマスターすることを目指します。

学びのポイント:
  1. (1)ニュースリリースのお作法 編:押さえておきたい書き方のイロハ、中身にIMPAKTを盛り込もう!
  2. (2)ニュースリリースの書き方 編:いいリリースに学ぶ構成力・タイトル力・ネタ力、書き方演習(講評あり)
6. 関係構築力
メディアのネタ元になろう!「メディアリレーションズ」スキルアップ講座

パブリックリレーションズにおいては、あらゆるステークホルダーとの関係構築が求められますが、中でも「メディア」との関係構築は欠かせません。いわゆる「メディアリレーションズ」力を高めることは、広報・PRの基本となります。しかし、一口にメディアといっても、テレビ局、新聞社(通信社)、雑誌社、ネットメディアでは、働いている人のカルチャーも、求めている情報の質も異なります。本講座では、「メディア」との関係構築をテーマに、「メディアを知る」「メディアに働きかける」の両側面からアプローチします。

学びのポイント:
  1. (1)テレビ局編
    • テレビ局の制作現場ってどういう仕組み?よきリレーションを築くためのコツ。テレビマンのメンタリティとは。
    • テレビ局が欲しがるネタづくり。3つのポイント。これだけはやってはいけない10の教え。
  2. (2)新聞社(通信社)・雑誌社・WEB媒体編
    • 新聞社(通信社)の仕組みを知ろう。担当ごとに異なる性質。掲載までの流れとは。
    • 雑誌社の仕組みを知ろう。雑誌ならではの特集のつくり方。リレーションの保ち方。
    • ネットメディアの構造を知ろう。Yahoo!トピックスに掲載されるための効率的なノウハウ。マスメディアとの違い。
7. 情報分析力
広報担当者の危機管理能力を向上!「危機管理時の広報戦略立案」講座

緊急事態の発生時、広報対応が記者の心象を左右します。
危機を未然に防ぐために不可欠な「予見力」を高め、報道するメディアの意識を理解した上で、コミュニケーション戦略を立てるために必要な手順やテクニックを学びます。

学びのポイント:
  1. (1)危機発生時の広報戦略を考えるフレームと、その使い方
  2. (2)危機発生時の広報戦略の要点
  3. (3)危機発生時の突発的な電話取材対応の要点
実践的なシミュレーショントレーニング「電話対応研修」講座

事件や事故などリスク発生時に備えて、記者からの突発的な取材電話に応える事態を設定し、本番さながらのトレーニングを行います。

学びのポイント:
  1. (1)疑似体験で有事への心構えを会得
  2. (2)現状マニュアルの不備、問題点をチェック
8. 広報組織力
「広報オクトパスモデル」を活用したさらなる広報力の向上

「広報オクトパスモデル」のデータを活用し、戦略的な広報の推進に向け、広報組織を強化するための方法論について習得することを目指します。

学びのポイント:
  1. (1)「広報オクトパスモデル」を学ぶ
  2. (2)「広報オクトパスモデル」の、組織診断への活用方法のポイント
  3. (3)「広報オクトパスモデル」の、人材育成への活用方法のポイント

お問い合わせはこちら