Our work事例紹介

独立行政法人化・広報支援プロジェクト「JICA有名化計画」

クライアント 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
業種 官公庁・その他団体
サービスメニュー
ミッション 2003年に特殊法人から独立行政法人への移行に伴い、現状5%しか理解されていない事業内容に関して積極的に「事業内容を伝える活動」=広報活動を行う必要があり、また、JICA内での広報意識を深めるためにも、職員の意識改革が必要でした 。

実施内容

2001年からスタートし、2003年の独立行政法人移行に向けたプロジェクトは3期にわたって実施されました。第1期では市民アンケートなどを基に「外から見たJICA」を明らかにし、第2期は職員および協力隊経験者への調査を基に「内から見たJICA」を分析しました。 こうした結果を受け、キャンペーンの第3段階として、国民と職員の間のギャップを埋めて新生JICAを国民にアピールする環境を整備するために、職員の広報意識を高めるインナーキャンペーンが展開されました。

戦略ポイント

  • ◆あらゆる形態の組織での実績を基に的確な調査、分析を行い、常に職員参加型によるキャンペーンを展開
独立行政法人化・広報支援プロジェクト「JICA有名化計画」キャンペーンロゴ独立行政法人化・広報支援プロジェクト「JICA有名化計画」ポスター

プロジェクトメンバー

  • 花上憲司

    プロデューサー
    花上憲司

  • 大熊武志

    ディレクター
    大熊武志

受賞歴

(社)日本PR協会(PRSJ)「PRアワード グランプリ」

2003年度
準グランプリ

IPRAゴールデン・ワールド・アワード

2004年
部門最優秀賞(オーバーオール・インスティテューショナル)