Our work事例紹介

メディアレピュテーション分析に基づく経営広報戦略

クライアント A社
業種 -
サービスメニュー
ミッション 業界トップ企業のA社は、新たに導入される規制緩和策によって、競合との顧客争奪戦激化が予想されていました。市場の事前調査によると、A社顧客の大規模な流出予想が並んでおり、特に、10~30代層に弱点があると分析されていました。その顧客流出を防ぐことがミッションとしてありました。

実施内容

自社の膨大な報道に加え、競合他社や業界全体の報道を把握することから実施。テレビ番組をモニタリングし、1日3回内容をチェックして定時報告。さらに、新聞、雑誌、WEBなどのチェック・監視を徹底的に行い、毎日レポートを作成し報告できるアーリーウォーニング態勢を構築しました。さらに、A社に対して、社長記者会見や製品発表会などの対外広報活動で、ネガティブイメージを払拭させるような、キーメッセージを考案しメディアトレーニングを実施。キーメッセージを繰り返し発信することで、好意的な報道・レピュテーション形成に成功し、顧客流出防止というミッションを果たすことに貢献しました。

戦略ポイント

  • ◆レピュテーション・マネジメントを重要な経営課題の一つとして位置づけた
メディアレピュテーション プロジェクトの流れ 図解メディアレピュテーション 解決策 レピュテーション・マネジメント 図解

プロジェクトメンバー

  • 許光英(日本PR協会認定PRプランナー)

    プロジェクトマネージャー
    許光英(日本PR協会認定PRプランナー)

  • 阪井完二(日本PR協会認定PRプランナー)

    プロジェクトマネージャー
    阪井完二(日本PR協会認定PRプランナー)