Our work事例紹介

日中の相互理解促進「日本農産物競技会in中国」

クライアント 日本貿易振興機構
業種 官公庁・その他団体
サービスメニュー
ミッション ●世界25カ国786社が出展するFHC China2009における、日本パビリオンと日本からの出展企業・ブースの認知拡大。
●日本から中国に売り込むという一方的なものではなく、日中の優れた農産物をお互いに認め、理解する広報活動。

実施内容

約40の日本企業や自治体が出展した、日本農産物競技会(日本農産物オリンピック)の運営。日本パビリオンのオープニングイベント開催。各ブースへの投票をもとにして、金・銀・銅・特別賞までを選定し、表彰式・レセプションを運営。

戦略ポイント

オープニングイベント、表彰式、事後プロモートというように複数回の露出をめざし広報計画を設計。

  • ●日本パビリオンのオープニングイベントにお弁当アート登場
    ⇒日中の友好を記す証しとして出展企業の食材を使った「お弁当Art」を日本パビリオン代表から中国側主催者へ贈呈
  • ●表彰式へ興味の薄い中国メディアを誘引するために、共同インタビューを設置
  • ●表彰式終了後、受賞企業の地元新聞局に中国から即事後プロモート実施
    ⇒受賞企業の地元新聞局に、上海から写真、リリース、コメントを送付

日本農産物競技会(日本農産物オリンピック)日本パビリオン オープニングイベントに登場したお弁当アート 1日本農産物競技会(日本農産物オリンピック)日本パビリオン オープニングイベントに登場したお弁当アート 2日本農産物競技会(日本農産物オリンピック)日本パビリオン オープニングイベント 写真

プロジェクトメンバー

  • 櫻井暁美 

    アシスタントディレクター
    櫻井暁美 

  • 鄭燕(日本PR協会認定PRプランナー)

    プランナー
    鄭燕(日本PR協会認定PRプランナー)

  • 垂水幸子

    メディアプロモーター
    垂水幸子

受賞歴

(社)日本PR協会(PRSJ)「PRアワード グランプリ」

2009年度
イベント部門
2009年度
イベント部門