Our work事例紹介

スマイルふくしま~Merry Christmas~

クライアント 福島民報社
業種 出版・新聞社
サービスメニュー
ミッション 「スマイルふくしま」は東日本大震災の被災地でもある福島県を本拠地とする福島民報社が立ち上げたプロジェクト。
被災した福島県民を勇気づけることをミッションとして継続的な活動を展開中。

実施内容

「スマイルふくしま」プロジェクトの一環としてクリスマスイベントを実施。12月25日付の福島民報朝刊に、事前に世界中から募集した福島の子供たちへの励ましのメッセージを15段広告にて掲載。
その紙面を折りたたむと出来るオリジナルクリスマスハットを持参した小学生以下の子どもたちを、本場フィンランドから駆け付けたサンタクロースの待つイベントに無料招待した。イベントでは、サンタクロースと子どもたちが記念撮影やおしゃべりを楽しみ、また、実際に被災しながらも、南相馬を拠点に活動を続ける「南相馬 ジュニア コーラス・アンサンブル」と共に平和を祈って讃美歌を歌った。

戦略ポイント

時間の経過によって関心の薄れていまうであろう福島の現状に対して、継続した関心を維持するため、「クリスマス=子供たちの楽しい1日」の視点から、被災で苦労した子供たちへ楽しいクリスマスと励ましのメッセージを送ろうという投げかけを海外メディアを通じて世界に発信。世界中からのメッセージを集めると共に、これを紙面で紹介することで、世界が応援する福島として、国内における再度の関心喚起を図った。

プロジェクトメンバー

  • 井口理
(日本PR協会認定PRプランナー)

    プロデューサー
    井口理 (日本PR協会認定PRプランナー)

  • 佐藤涼
(日本PR協会認定PRプランナー)

    ディレクター
    佐藤涼 (日本PR協会認定PRプランナー)