Our work事例紹介

「アイスの実」キャンペーン2011 PR活動

クライアント 江崎グリコ株式会社
業種 食品
サービスメニュー
ミッション 「アイスの実」は、江崎グリコが1986年に発売して以来25年を誇るロングセラーブランドの氷菓商品。今回のキャンペーンでは、現在日本で最も注目を集めるアイドルグループ「AKB48」をイメージキャラクターに起用することになった。「AKB48」を起用した他社のコミュニケーションは過去多数あり、それらの事例を圧倒的に引き離した企画として「AKB48」の主要メンバーの顔を合成した架空のメンバーを誕生させる仕掛けを展開する計画となった。

実施内容

  • ●事前調査・市場環境分析。社会にとって「AKB48」とはどのような存在であり、彼女たちのどのような活動に注目が集まるのか?どういった情報が期待されているのか?について、過去の話題の調査・把握に努め、戦略を練った。
  • ●継続した情報発信。①新メンバー発表、②ネタバラシ、③継続施策の3つの段階分けをおこない、3段ロケットのように情報拡散の点火装置を準備した。
  • ●SNSを巻き込んでのバズの創出。

戦略ポイント

  • 電通関西支社のプランニング、CMを中心に、電通PRの情報発信を連携させ、「オウンドメディア」、「ペイドメディア」、「アーンドメディア」のトリプルメディアをバランスよく、効果的に活用。

プロジェクトメンバー

  • 電通関西支社中尾考年

    プロデューサー
    電通関西支社中尾考年

  • 電通関西支社深井創

    アカウントディレクター
    電通関西支社深井創

  • 荒川統子

    メディアプロモーター(プリントメディア)
    荒川統子

  • 田中孝一(日本PR協会認定PRプランナー)

    メディアプロモーター(TV)
    田中孝一(日本PR協会認定PRプランナー)

受賞歴

(社)日本PR協会(PRSJ)「PRアワード グランプリ」

2011年度
マーケティング・コミュニケーション部門