PR最新事情

北京ネットメディア探訪 02 網易(ワンイー)編

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

PR Trend

皆さん、こんにちは。私たち電通PRでは、「北京ネットメディア探訪」と題して数回にわたり、中国のメディアの最新情報やキーパーソンにインタビューをし、今中国メディアは何に注目しているのか、日系企業に対して何をもとめているのかなど、生の声をリポートします。
(インタビュアー:奥村基樹、通訳:付学梅、速記:呉暁偉)
第2回目は、中国3大ポータルサイトの一つ、網易(ワンイー) 編集部王さんにインタビューをしました。

網易(ワンイー)基礎情報
所在地:中国・北京
サイトの特徴:メールサービス、ブログ、ネットゲーム 大衆向けWEB情報媒体
【王氏プロフィール】
04~05年に「漫動作」雑誌に入社。
06~07年に泡泡网のノートパソコンチャネルを担当。
07年以来、デジタル・家電チャンネルを担当。
*好きな三国志の人物:太史慈

「網易(ワンイー)という媒体は、どのようなメディアか教えてください。」

王氏
「網易は1997年6月以来、11年の歴史があり、最初に中国最大の無料メールサービスをスタートしました。
現在は、中国最大の無料メール(市場シェア50%)、最大のフォトアルバムを抱える中国3大ポータルサイトのひとつであり、最大のインターネットゲームプロバイダーです。
トップページの1日のPV数は1億件前後に上ります。網易は最多のユーザー層をカバーし、かつユーザーの書き込みも最も活発であり、他のサイトと比べて、ニューススレッドが最も多いのが特徴です。」

「網易(ワンイー)は、どのような編集方針でニュースを掲載していますか?」

王氏
「基本的に2種類に区分されます。第一は重要製品に対する注目度、もうひとつは製品技術に関連した業界ホットトピック。読者が好むと判断したものを掲載します。

製品情報は通常、前期、中期、後期に区分し、前期は写真公開、発売前の予想と分析など、中期は主に発表会、製品試用の評価記事、その企業の役員への取材など、後期は製品発売後にトレンドになるまでのプロセスを掲載します。

例えば、モデル撮影、ネットユーザー掲示板、使用機種などです。全体的に見ると、重点ブランド、重点製品、業界ホットトピックを掲載の基準とする傾向があります。」

「具体的にどのようなプロセスで、どのぐらいのスピードでニュースが掲載されますか?」

網易もネット用放送のスタジオを併設
動画配信に力を入れている

ネット上で著名人のインタビューなどを放映

王氏
「サイトの中にジャンル別のメールアドレスがあるため、各企業はこのアドレス宛てに、ニュースリリース等を送信します。
各編集者は担当内容に応じて関連原稿を選定し、編集、修正、発表を行います。編集長が最終的にレイアウトを決定する。原稿の選定は主に編集者が行い、内容が優れている原稿は(記事がよく書けている、広告色が薄い、業界内の重要な話題)通常、10~20分程度でサイトに掲載可能です。原稿そのものに問題がある場合は、相応の修正と選定を行います。編集者が選定する原稿は主にネットユーザーが注目する内容、あるいは重要ニュースであり、迅速に掲載することが求められます。
例えば、有名ゲーム機器の突然1万円値下げ、あるいは有名メーカーの新製品の発売などは重大ニュースです。知名度の低いメーカーで、業界での影響力が小さい場合は、作業の流れがスローペースになり、掲載されない可能性もあります。網易は読者のための媒体であり、迅速に掲載するかによって、読者の注目度が左右されます。
編集者は原稿を受け取ってから重要かどうかを判断して掲載します。ページレイアウト、紙面については編集長が重要性に応じて決定します。編集者は原稿内容に責任を負う。不適切な内容、あるいはニュース掲載漏れなどがあった場合は、その責任を負います。 」