PR最新事情

2014カンヌ・インスピレーション&インサイト
by ミッチェル・コミュニケーションズCEOエリース・ミッチェル

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

PR Trend

Inside the PR Lions Jury Room

6月に開催されたカンヌライオンズ終了以降、すでにさまざまなリポートがなされました。カンヌの基本データや受賞作品の紹介など、日本語でも多くの情報に触れる機会がありました。

本リポート「2014カンヌ・インスピレーション&インサイト」は、今年アメリカを代表してPRライオンズの審査員をつとめた米PR会社ミッチェル・コミュニケーションズ・グループのCEOエリース・ミッチェルがまとめたリポートです。

今年のPRライオンズの審査員室でどのような討議がなされたのか、どのようなことが確認されたのかを、PRの専門家である彼女の視点でまとめました。

ぜひご一読ください。

<筆者紹介>

エリース・ミッチェル
米PR協会(PRSA: Public Relations Society of America)APR、フェロー
ミッチェル・コミュニケーションズ・グループCEO
電通イージス・パブリック・リレーションズ・ネットワークCEO
米『PR WEEK』誌 Agency Professional of the Year (2012年)