ニュース&トピックス

情報セキュリティマネジメントシステムのグループ認証を取得

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

News releases

株式会社電通パブリックリレーションズ(社長:宮下氏孝、本社:東京都中央区)は、電通グループ会社53社とともに、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO/IEC27001:2005」および「JISQ27001:2006」のグループ認証を取得した。

電通グループ会社50社は、情報セキュリティマネジメントシステムとして国際規格「BS7799-2:2002」および国内規格「ISMS Ver2.0」の認証を既に取得しているが、今回の「ISO/IEC27001:2005」の認証取得は、ISO(国際標準化機構)が「BS7799- 2:2002」をもとに2005年10月にISMS認証基準の国際規格として「ISO/IEC27001:2005」を発行したことを受け、移行審査を受審し、認証されたものである。

また、今回新規4社も拡大審査を受審し、「ISO/IEC27001:2005」および「JISQ27001:2006」の認証を同時に取得した。

なお、既に株式会社電通は単独で「ISO/IEC27001:2005」および「JISQ27001:2006」の認証を取得しており、今回の認証取得により同認証を取得しているのは、株式会社電通を含む電通グループ会社において合計55社となる。

認証取得概要

認証範囲 電通グループ会社における広告業務(営業、メディアサービス、マーケティング、セールスプロモーションを含む)、広告関連業務(マーケティング、セールスプロモーション、クリエーティブ、映像・音楽を含む)、IT関連業務(コンサルティング、システム開発・構築・運用・保守を含む)、管理サービス業務(人材派遣・ファシリティ管理・ファクタリング業務・監査業務を含む)を含むすべての業務
取得認証規格 ISO/IEC27001:2005(JISQ27001:2006)
認定機関 UKAS(英国認定機関)、JIPDEC(日本情報処理開発協会)
認証取得番号 IS91070
最新発行日 2007年3月7日
審査登録機関 ビーエスアイジャパン株式会社
有効期限 2008年3月21日

「ISO/IEC27001:2005」・「JISQ27001:2006」について

「ISO/IEC27001: 2005」は、情報セキュリティの国際規格であり、2005年10月に発行された。この規格はもともと情報セキュリティの英国規格「BS7799-2: 2002」をベースとしており、国際規格化の審議を経て「ISO/IEC27001:2005」として制定された。日本では「ISO/IEC27001: 2005」をもとに、「JISQ27001:2006」として2006年5月にJIS化された。