ニュース&トピックス

クチコミ情報に関する電通パブリックリレーションズの見解

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Topics

ソーシャルメディアが本格的に普及する中、電通パブリックリレーションズは、情報の受け手が不利益とならないよう、その内容や信憑性を十分判断できる環境をつくることを前提としてパブリックリレーションズ活動を展開しています。

*当社は、クチコミ・マーケティングの業界団体であるWOMマーケティング協議会(本部:東京都港区)の会員企業として、同会のガイドラインの中で定められている、「WOMマーケティング事業者は、どのような関係性においてWOMマーケティングが成立しているかについて、消費者が理解できるようにしなければならない。関係性とは原則として金銭、物品、サービスの提供とする」という規定を順守しています。また、2010年9月1日には、弊社社員向けの「ソーシャルメディア利用ガイドライン」を定め、すべてのステークホルダーに対し公正かつ健全なサービスの提供を心がけています。