ブランディング

ブランディングにこそPR視点が必須

企業・団体、製品・サービスのブランド価値を高めるためのコミュニケーション活動をサポートいたします。

サービス概要

企業合併、団体・大学などの統合時、新たな街づくりスタート時などの際には、新ブランドや新CIの立ち上げによって、ブランドプロミスを明確にすることが求められます。ブランドは単純に商標を作るだけでなく、顧客が抱くさまざまな要素を統合的にマネジメントする必要があります。企業・団体、製品・サービスのポジショニング、インターナル、エクスターナルな活動を通して、従業員の意識改革から、ターゲット層におけるパーセプション・マネジメントまで、ブランド価値を高める活動を行います。

当社では、企業ブランドや評判を構成する三つの要素として、「商品的魅力」「人的魅力」「財務的魅力」を軸に、企業活動を分析し、PR視点でブランディングを推進していきます。

地域ブランドや都市ブランド、コーポレートブランドは、商標を単純に作るだけではブランディングできず、そのブランディングプロセスが重要です。ブランドにおける外部・内部からの環境分析、人材や域内資源を有機的に活性化させるための体制づくり支援、キーメッセージ、コンセプトの抽出、CI、ロゴ、コピー、キャラクター等の制作など、トータルにブランディングを支援します。

企業ブランドや評判を構成する三つの要素 「商品的魅力」「人的魅力」「財務的魅力」

プログラム

  • 調査(状況分析/意識調査)
  • コミュニケーション戦略の立案
  • CI/VIの構築コミュニケーションツールの制作
  • キー・オピニオン・リーダーの起用
  • メディアリレーションズ など

重点テーマ・業務領域

電通PRの強み・特長

  • 電通PRはブランディングの領域で過去にいくつもの国内外の賞を受賞し、高い評価を得ています。
  • 業界で高い評価を得てきたのは、調査に基づいて戦略を立案し、単なるPR上のアウトプットのみではなく、ビジネス上の成果をしっかりと出してきたからです。
  • B-to-C、B-to-Bの両方の領域において、実績のあるスタッフがクライアントをサポートいたします。