コミュニティ・リレーションズ

地域住民の理解と合意形成に最適なコミュニケーションを提案。

自治体や企業・団体と、地域住民との間のダイアログの場をつくり、時に生じる利害の対立に対しては、双方の意見を調整し、お互いの理解を醸成していきます。地域住民との信頼関係を構築し、啓発活動などを通して政策の推進や理解の獲得、合意形成をサポートしていきます。

サービス概要

企業が、活動拠点となる地域の住民から信頼され、時に生じる利害の対立に対し、合意形成をもたらすには、地域住民や地域をカバーするメディア、オピニオンリーダーとのダイアログ(対話)が重要となります。また、政府・自治体が政策をスムーズに推進するためには、事前に地域住民の声を聴き、政策実行のための説明責任を果たす必要があります。

住民との対話機会の創出、住民を巻き込んだアドボカシーの醸成、意識共有のためのシナリオ、メッセージ開発、広報ツールの制作・配布、地域ウエブサイトやソーシャルメディアアプローチの推進支援策の開発など、これからのコミュニティとのエンゲージメントの推進を豊富な経験から総合的に支援します。

コミュニティとのエンゲージメントの推進の図

プログラム

  • 地域住民・オピニオンリーダーの調査(リサーチ&アナリシス/PR戦略立案)
  • メディアインタビュー・ヒアリング調査
  • 情報発信・ダイアログの創設
  • コミュニケーション・ツール、プラットフォームの制作 など

重点テーマ・業務領域

「地域住民・オピニオンリーダー調査」
地域住民を牽引する人物は誰か、地元住民に必要な活動は何か、地域の習慣や気質に合った活動は何かなど、地域活性化を目指した活動を検討する上で重要な人物を、当社の豊富な経験を元に選定し、意見や提案を探り出す調査。地域の実態・ニーズを把握し、他の地域の事例を研究するとともに、オピニオンリーダーにアドバイスをいただき、それらを分析した上で総合的な提案を行います。
「情報発信・ダイアログの創設」
地域の活性化の牽引役は誰になるのか、地域によって異なります。その人物を創出し、活動の牽引を支援するために、情報発信を行い、対話の機会を創出します。地域住民が集い、意見交換を重ねることで意思の統一が行われ、活性化に向けて充実した活動が実現できます。