広報体制コンサルティング/広報人材評価・育成

客観的データに基づく広報体制・危機管理体制強化のサポート

独自開発した「広報オクトパスモデル」「危機管理ペンタゴンモデル」による調査を行い、広報体制・危機管理体制を診断。客観的データに基づく広報力・危機管理力向上のコンサルティングを行います。

サービス概要

企業の広報力や危機管理力を向上させるためには、やみくもに取り組むのではなく、各企業・団体に固有な課題を発見し重点的に強化する取り組みが必要です。当社では、社内の「企業広報戦略研究所」が独自開発したモデル「広報オクトパスモデル」や、大学との共同研究に基づく「危機管理ペンタゴンモデル」を開発。客観的なデータに基づき全体平均や業界平均と比較することで、広報力・危機管理力の課題を明らかにすることが可能です。

さらに、広報活動やクライシス発生時のコンサルティング経験を持つ担当者が、実務経験に基づき実効性の高い広報体制・危機管理体制強化のサポートを行います。

プログラム

重点テーマ・業務領域

企業広報力調査
電通パブリックリレーションズ内の「企業広報戦略研究所」が独自開発した「広報オクトパスモデル」により、「情報収集力」「情報分析力」「戦略構築力」「情報創造力」「情報発信力」「関係構築力」「危機管理力」「広報組織力」の8つの軸から、企業の広報力を上場企業の平均や業界平均と比較。広報活動体制の課題を客観的に明らかにします。

広報オクトパスモデル

危機管理力調査
企業広報戦略研究所」が東京大学大学院情報学 環総合防災情報研究センターとの共同研究に基づき開発した「危機管理ペンタゴンモデル」によって危機管理の体制を診断。「予見力」「回避力」「被害軽減力」「再発防止力」「リーダーシップ力」の5つの軸から、危機管理の課題を明確化します。

危機管理ペンタゴンモデル

「企業広報体制構築コンサルティング」
企業広報力調査」「危機管理力調査」によって抽出された課題に基づき、実務経験も踏まえながら広報力及び危機管理力強化の改善プランをご提案させて頂きます。

分析レポート

広報人材評価調査
広報人材育成をより効果的に効率的に行っていくために、広報オクトパスモデル理論に基づいた人材評価を行います。上司の評価と本人の自己評価との違いが設問ごとに見える化されるため、「本人はやっていると思っているが、上司が評価していないポイント」なども詳細に把握できます。

広報人材評価調査 4つのSTEP

電通PRの強み・特長

  • 大学との共同研究等に基づき、「企業広報戦略研究所」が開発したモデルに従って、客観的なデータに基づき広報力・危機管理力の課題を抽出します。
  • 戦略的な広報活動や、クライシス発生時のコンサルティングの経験を踏まえて、実務経験を踏まえた実効性の高いコンサルティングを行います。