企業広報力調査

独自開発の分析モデルで“広報力”を可視化

独自開発の広報オクトパスモデルにより広報活動の強みと弱みを可視化。客観的なデータに基づき広報体制の強化をサポートします。

サービス概要

独自開発の広報オクトパスモデルに基づき、「情報収集力」「情報分析力」「戦略構築力」「情報創造力」「情報発信力」「関係構築力」「危機管理力」「広報組織力」の8つの軸で広報力を分析。また、「マスメディア」「ステークホルダー」「デジタルメディア」の3つの軸で、ターゲット別の広報力も分析します。本調査を行うことで、貴社の広報力を上場企業や業界の平均値と比較することが可能となります。客観的なデータに基づきクライアントの広報活動の強みと弱みを明らかにし、効果的な改善策を導きます。
上場企業の広報力比較調査に基づく「広報オクトパスモデル」の開発は、公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会の2014年度「PRアワードグランプリ」で「イノベーション/スキル部門」最優秀賞を受賞しました)

プログラム

  • 「企業広報力調査」に基づく広報力の診断
  • 調査結果に基づく広報体制の構築支援 など

重点テーマ・業務領域

「企業広報力調査」に基づく広報活動コンサルティング
実務経験を持つ当社スタッフが、「企業広報力調査」の客観的なデータに基づき広報体制強化のコンサルティングを行います。

電通PRの強み・特長

  • 独自開発の「広報オクトパスモデル」(2014年度「PRアワードグランプリ「イノベーション/スキル部門」最優秀賞を受賞)
  • データに基づく上場企業・業界の平均値との広報力の比較
  • 実務経験を持つ担当者によるコンサルティング

広報オクトパスモデル
広報オクトパスモデル

関連するサービス・領域

企業広報戦略研究所