パブリック・アフェアーズ

コミュニケーションの力で広く社会的な合意形成を

豊富な実績と経験を生かしたコンサルティングとソリューションの提供で、行政側、民間側、それぞれの立場からの社会課題の解決を目指します。

サービス概要

パブリック・アフェアーズとは、パブリック=公共という観点から、企業からは政府を含めたレギュレーター(規制当局)への働きかけ(ガバメント・リレーションズ)、一方、政府・企業からは、地域住民、国民などに合意形成を図ること(コミュニティー・リレーションズ)を目的としたPR活動です。

さまざまな利害や意見の違いを踏まえながら、ひとりでも多くの一般市民からの理解を得ること、それは、官庁や自治体など行政機関、政治家や公共団体といった“官”の立場からも、一般企業や団体、組合などの“民”の側にとっても、現代社会では必須のコミュニケーション戦略です。現代の市民は、ネットという力を得て自ら情報を収集できる能力を持っています。かつてのように一方的な情報提供では、理解を得るのも難しいでしょう。

私たちは、“パブリック”とのエンゲージメント形成のエキスパートとして、意識調査、ギャップ調査、報道状況分析、インフルエンサーリレーション、ステートメント作成、パブリックスピーキングといった、さまざまなツール、手法と経験豊富なスタッフを揃え、科学的な分析に基づくプランニングを通じて、クライアントの皆さまの多岐にわたる課題に対し、最適なコンサルティングとソリューションを提供します。

合意形成(パブリック・アフェアーズ)

プログラム

重点テーマ・業務領域

  • 「政府・官公庁・自治体向け広報ソリューション」
  • 「業界団体・協会向け広報ソリューション」
  • イシュー・マネジメント

電通PRの強み・特長

  • 豊富な経験を積んだコンサルタントが課題解決に当たります。
    日本パブリックリレーションズ協会認定PRプランナーや、新聞社・通信社・調査会社・政策関係者、さらには製薬・通信・IT・自動車などの事業会社出身の多様なメンバーから、最適なチームを編成しクライアントの課題解決を支援します。
  • 豊富な外部ネットワークと連携した、業務サービス
    弁護士事務所、会計事務所、有識者、行政、NPO、マスコミ、海外PR会社などと連携し、社会課題・経営課題(イシュー)への対応を支援いたします。
  • 総合PR会社であることから、「メディア視点」や「ステークホルダー視点」を意識した分析が可能
  • 調査手法から課題抽出、そして対応施策とその後の効果測定まで、PDCAサイクルに基づく総合コンサルティングが可能
  • 国内外の賞を多く獲得した実績