政策リサーチ&コンサルティング

政策動向を機敏に捉え、ビジネスとの橋渡しをする

政策変更を見据え、情報分析とコンサルティングおよびソリューションを提供いたします。

サービス概要

規制緩和や雇用、税制、TPP、エネルギー問題など、政策変更は民間企業のビジネスにも大きな影響を及ぼします。

こうした状況においては、民間企業および業界団体は今まで以上に機敏に政策形成の動きを把握し、政策変更への備えをしていかなければなりません。また、自社の事業環境を構築するためにも世論の後押し、アドボカシーの醸成は欠かせません。予算配分を求める陳情ではなく、より社会に対して説得力のある言動を通して、政策形成の動きに積極的に関わっていくことが不可欠です。

当社では「政策リサーチ&コンサルティング・サービス ― パブリック・ポリシー・コミュニケーションズ」として長らく政策形成過程に関わるコミュニケーションサービスを提供してきました。政策動向の調査分析、政策対応戦略の策定、政策形成関係者と企業関係者とのコミュニケーション支援などのメニューをそろえ、クライアントの課題に応じて適切なコンサルティングとソリューションを提供いたします。民間企業・業界団体と政策形成関係者との適切な関係を築き、双方の発展に資するような制度設計の動きを支援することを目指していきます。

政策リサーチ&コンサルティング・サービス ― パブリック・ポリシー・コミュニケーションズ

プログラム

  • 情報取集(政策調査、論調調査、メディアヒアリング、ステークホルダー調査、ソーシャルリスニング、生活者アンケート調査)
  • 戦略立案・メッセージ構築
  • 立法・行政機関ダイレクトアプローチ
  • 世論形成コミュニケーション(記者会見、個別インタビュー、説明会・懇親会、情報発信トレーニング)
  • 効果測定

重点テーマ・業務領域

「政策調査」
資料調査及び直接ヒアリングすることで、最新の政策動向の調査を行います。
「論調調査」
主要メディア(新聞、テレビ、雑誌)などの報道論調を把握し、メディアの関心を洗い出します。
メディアヒアリング
主要メディアの担当記者に直接インタビューし、イシューに関する記者の関心、問題意識を探ります。
「インフルエンサー調査」
インフルエンサーリストを作成し、イシューについて重要ステークホルダーを調査します。
ソーシャルリスニング
ソーシャルメディアの投稿を分析し、イシューに関する生活者の声を把握します。
「生活者アンケート調査」
生活者がイシューについて、どのように認知・評価しているのかを定量的に把握します。
「戦略立案」
将来的にどのように情勢が変化していくのかを予測し、イシューを解決するためのコミュニケーション戦略を立案します。
「キーメッセージ策定」
策定した戦略をもとに、情報発信のシナリオと、キーメッセージを策定します。

電通PRの強み・特長

  • 総合PR会社であることから、メディアやその他のステークホルダーの視点、ソーシャルメディアの特性などを意識した分析・戦略立案・実行が可能
  • 調査手法から課題抽出、そして対応施策とその後の効果検証まで、PDCAサイクルに基づく総合コンサルティングが可能
  • 豊富な経験を積んだコンサルタントが担当