緊急時対応支援

被害が最小限になるよう全般的に支援

緊急時には経験豊富なコンサルタントが、信頼感の喪失や経済的損失を最小限に抑えるよう全般的なサポートをいたします。

サービス概要

事件・事故など危機が発生すると、ニュースメディアをはじめとする、社会に対する説明や問い合わせ対応に追われます。 記者会見を開く場合には短時間で情報を整理し、謝罪をするとともに、事実関係、対応策、再発防止策、責任表明などについて納得感がある説明が求められます。 日頃からの準備が大切ですが、不幸にして、危機に直面した場合、大手メディア出身者など経験豊富なスタッフが、信頼感の喪失や経済的損失を最小限に抑えるよう、発生から緊急記者会見開催まで全般的なサポートをいたします。

(サポート例)

  • ・緊急対策本部運営支援
  • ・対応方針策定
  • ・ポジションペーパー・想定Q&A作成
  • ・発表資料作成
  • ・緊急会見リハーサル・トレーニング
  リスク・クライシス

プログラム

  • 緊急会見リハーサル
  • WEB広報・告知サポート
  • 報道状況RRP(レピュテーション・リーチ・ポイント)分析
  • レピュテーション・トラッキング調査 など

重点テーマ・業務領域

「緊急会見リハーサル」
切迫した状況で、急に矢面(会見)に立たされると、失敗する危険性があります。事前のトレーニングで、会見者の応答の水準を引き上げます。
「報道状況RRP(レピュテーション・リーチ・ポイント)分析」
風評被害を最小限にとどめるために、報道状況の「モニタリング」→「コンサルティング」を主軸に総合的な対策サービスを提供しています。また、近年ではTwitterが起点となる“ソーシャル炎上”などが起きていることから、ニュースメディアの報道とSNS(Twitter)のモニタリングを、同じ基準で比較する必要があります。

電通PRの強み・特長

  • 豊富な実績
  • 新しいメディア環境に対応
  • 危機管理力調査」など独自調査に基づくデータ
  • メディアに対する深い知見