グループインタビュー

生活者のインサイトを定性的に深堀りする

座談会形式で対象者にヒアリングする調査です。定量データだけではわからない、広く深い情報を取得できます。

サービス概要

条件に合う対象者を会場に集め、司会者(モデレーター)の進行のもと、該当テーマについて自由に意見を出してもらう座談会形式の定性調査です。

定量調査(一般的なアンケート調査)と比較し、

  • ・より広く、多くの情報が取得可能
  • ・さらに質問を重ねることで、より深い情報が取得可能
  • ・想定外の新しい意見やアイデアが生まれる可能性

などの効果が期待できます。

座談会形式の定性調査 イメージ

重点テーマ・業務領域

電通PRの強み・特長

  • 豊富な経験を積んだ調査専門のコンサルタントが担当
  • 総合PR会社であることから、「メディア視点」や「ステークホルダー視点」を意識した調査設計や分析が可能です。
  • 調査手法から課題抽出、そして対応施策とその後の効果測定まで、PDCAサイクルに基づく総合コンサルティングが可能です。