マーケティング調査(ステークホルダー調査)

定量的な調査で、自社の立ち位置を把握。その上でコミュニケーション戦略をサポート

マーケティング調査は、社会の声に耳を傾け、ステークホルダーにおける自社や商品・サービスの評価を定量・定性的に把握し、競合との違いやニーズのギャップなどを見ることで、自社の立ち位置を確認することで、戦略的なPR活動を進めることが可能となります。

サービス概要

「戦略構築や課題解決の糸口を探るための調査」、「PR素材作りのための調査」、「活動の効果測定のための調査」、「計画の見直しのための調査」といったPDCAどのフェーズでも、総合PR会社ならではの“メディアの視点“、”一般生活者の視点“を加味して提案します。

プログラム

  • ユーザー調査
  • グループインタビュー
  • CLT(セントラル・ロケーション・テスト)
  • 意識調査
  • 企業ブランド調査
  • 生活者レピュテーション調査
  • 商品・サービス受容性調査 など

重点テーマ・業務領域

「データコンテンツ開発」
時流などを考慮し、話題性のある調査を実施することで、その調査結果を広報コンテンツとしてパブリシティやオウンドメディアでの露出・掲載に活用。一般生活者が興味・関心を抱くようなテーマや切り口の設定が肝となるため、PR会社ならではの切り口の設問を提供します。
「生活者レピュテーション調査」
報道レピュテーション調査と対をなす調査で、6領域20属性に分類された企業のブランドを評価する指標において、生活者が実際にどのように感じているかを把握するための調査。企業を評価するブランド指標を定量的に把握できるだけでなく、今後の広報戦略を練るための方向性明らかにできる調査です。
グループインタビュー調査」
個別面接では聞けない一般生活者の深層心理をグループ討議で探究。経験豊富な司会者が、話しやすい空間をつくり、個別面接では聞き出せないような本音を明らかにする。

電通PRの強み・特長

  • PR施策と企業レピュテーションの相関分析/重回帰分析などの分析に基づく広報コンサルティングを提供
  • コミュニケーション分野の課題解決に強み
  • 仮説の検証から調査実施後の分析まで、総合PR会社ならではの「メディアの視点」を加味
  • PDCAサイクルそれぞれのフェーズに合わせた調査の提案が可能