報道状況分析

自社やベンチマーク企業の報道状況を分析し、PR戦略策定に活用

自社やベンチマーク企業の報道状況を分析し、PR戦略策定の基礎資料として活用することができます。

サービス概要

より効果的なPR活動を行っていくために、PR活動のPDCAサイクルにおける“Plan”(活動計画)フェーズでの「現状分析」、“Check”(広報効果測定)フェーズにおける「効果検証」は非常に重要です。
この「現状分析」「効果検証」を行うために、どのように報道されているか?という観点から調査分析していくのが報道状況分析です。

自社とベンチマーク企業の記事掲載状況の分析を通じて、PR活動の戦略策定の基礎資料として活用することができます。さらに、報道記事の傾向からコミュニケーション活動上の課題を抽出、次のPR戦略をコンサルティングします。

プログラム

  • ・記事掲載量分析
  • ・記事形態(掲載面、記事サイズ)
  • ・記事トーン(ポジネガ)分析
  • ・テーマ別論点分析
  • ・報道コンサルティング など

【報道状況分析の手法】

報道状況分析には大きく分けて論調を把握する「定性分析」と、報道量を把握する「定量分析」があります。

定性分析(論調分析)定量分析(記事掲載数分析 広告費換算分析 RRP分析 リリースマッチング分析 報道レピュテーション分析®)

重点テーマ・業務領域

“Plan”(活動計画)フェーズにおける「どんなPR活動をしていくべきなのか?」を検討するうえで、報道の露出量・頻度など定量的に把握することで、PR活動の目標を設定することができます。また、掲載記事の論調などを分析することで、PR素材やコンセプトの戦略立案に役立ちます。

“Check”(広報効果測定)フェーズにおける「あのPR活動はどのくらい効果があったのか?」を検討するためには、報道されている媒体・掲載面・露出機会・論調を的確に把握することが肝要です。さらに、当社では報道状況やコンテンツを見比べ、情報提供の適切なタイミングやメディアアプローチについて、より効果の高い露出についてのコンサルティングもいたします。

電通PRの強み・特長

  • 総合PR会社であることから、「メディア視点」や「ステークホルダー視点」を意識した分析が可能
  • 調査手法から課題抽出、そして対応施策とその後の効果測定まで、PDCAサイクルに基づく総合コンサルティングが可能
  • ソーシャルメディアとマスメディアを統合的に分析・提言することが可能。
  • 豊富な経験を積んだコンサルタントが報道状況分析を担当