Reputation Matrix(レピュテーションマトリックス)™

「脱 広告換算」PR新時代の必携分析モデル

サービス概要

これからのPRは単なるメディアへの露出(リーチ数など)獲得だけではなく、レピュテーションマネジメントが重要。 PRの効果測定は、メディアへの露出(リーチ数など)もさることながら、定性的な分析も必要です。 ましてや広告換算ではレピュテーションの実態が把握できません。   電通PRのReputation Matrix™では、従来のニュースメディアだけではなく、ソーシャルメディアの分析に加え、ターゲット層のパーセプション調査まで、幅広い調査をもとに統合分析いたします。

世界の効果測定の現状

PR業界では2010年に「効果測定に関するバルセロナ原則」と呼ばれるPRの効果測定に関するスタンダードがまとめられました。 国際的なPRの業界アワードでも、審査過程でこの「バルセロナ原則」をベースにして成果を評価します。 この原則は、2015年9月に更新され、「バルセロナ原則2.0」として発表されました。 <バルセロナ原則2.0の7つの原則> 1.ゴールの設定と効果測定はコミュニケーションとPRにとって重要である。 2.アウトプットだけの測定よりも、むしろコミュニケーションのアウトカムを測定することが推奨される。 3.組織のパフォーマンスへの効果は測定可能であり、可能な限り測定すべきである。 4.量と質を測定・評価すべきである。 5.広告換算値はコミュニケーションの価値ではない。 ソーシャルメディアは他のメディアチャネルとともに測定可能であり、測定すべきである。 7.測定および評価は、透明性があり、一貫性があり、有効なものであるべきである。 → 1「アウトプット目標から「成果目標」へ変化の傾向が見られる。 2「デジタル」の効果測定が伸長している。 3「広告換算」に疑問を持つ企業が増えてきた。

目的に応じて分析ツールを選択!

☆ReputationMatrix(リリース・WEBサイト用図)_170630+

目的/部署別分析例

 

スライド0

     ※お問い合わせはこちらまで