うたかた思考

牧口 征弘

牧口 征弘
(代表取締役社長執行役員)

日々浮かんでは消えていく思いや考え。仕事の糧になるものもあれば、そうでないものも。
どう活かすかは自分次第なのかもしれません。

自分自身との闘い

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

 

 ガッツポーズをすると、剣道では一本を取り消されるとのこと。理由は、相手への礼を欠くから。これこそが武道の本質、神髄なのかもしれません。

 元々真剣での勝負を前提として、その疑似形としての木刀もしくは竹刀による立ち合いと考えれば、納得のいく話です。何故なら、敗北はすなわち致命傷を意味することにもなるからです。

 言い換えれば、直接命のやり取りをしているにも等しい目の前の相手に対して、礼という形で敬意を示さないのは、勝者たるにふさわしくないということでしょう。自身の全てを懸けて立ち向かってくる相手。それを受けるも、同じ覚悟であることに変わりは無し。まさに勝負は紙一重なのです。

 思い起こせば、大学時代に属していた和弓の部は、「弓術部」と名乗っていました。一般的には「弓道部」と称する大学が多い中にあって、こだわりの強い名称でした。その心は、「学生の部活動で安易に道(どう)を語るべからず。学生の弓はあくまでも術にすぎない」というものでした。何もそこまで厳密に考えなくても、と思いつつ、部員たちには圧倒的に支持を集めていた(そして今もきっとそう)名乗りでした。

 さて、話を戻します。真に強い者は、敗者への敬意を忘れない。よくよく考えてみると、これは当たり前の話です。闘う相手がいるからこそ、自分自身の技が磨かれ、敗れる者がいるからこそ、結果的に勝者が生まれる。

 しかし、さらに大事なのは誰かとの比較ではなく、自分自身との比較ではないかとも思います。チームスポーツであれ個人競技であれ、対戦競技であれ採点競技であれ、その瞬間に自らの最善を尽くせるか。スポーツの価値はそこにあり、観る側を動かす理由もそこにあると。

 誰かを打ち負かしさえすればいい。何が何でも相手より優位に立つことに執着して何が悪い。そんな考えもあるかもしれません。ただ、その時、自分自身は過去の自分に対して誇れる存在になり得ているのか。誰が見ても、首肯せざるを得ない存在たり得ているか。それが分かっている者こそが、真の勝者なのではないでしょうか。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。