NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役専務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

“ステイホーム”で気づかされたこと

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

 新型コロナウイルスで命をなくされた方に哀悼の意を表するとともに、いまだ入院生活をされている方、軽症ながら感染された皆様にお見舞い申し上げます。
 緊急事態宣言が発せられて1カ月が経過し、さらに自粛の期間も延長されています。当社では3月上旬からテレワークを導入し、できる限り人との接触を避けるべく社員一丸となってコロナ収束に向けて努力を継続しています。クライアント様やお取引先各社にご迷惑をお掛けしているケースもあるかと思いますが、あと一息、皆様ご容赦願います。

 さて、在宅勤務も当初は、通勤もなく家族との時間も確保できることから、戸惑いがありながらもある種の快適さがありました。しかし2週間も経過すると、外出しない、動かない、人と会わない、外食しないなどそのストレスは想像を超えるものになりました。
 それまでは、必要に迫られて行われていたTeamsによるオンライン会議も、徐々にパソコン越しとはいえ人と会える、人と話せるということが楽しみとなり、会議予定を待ちわびる自分に気づかされました。確かにわれわれの仕事は、パソコンの前で企画書を作っているばかりではコアアイデアは広がりません。人と人とのアイデアとアイデアのぶつかり合いによる化学反応こそが不可欠な仕事なのです。コミュニケーション領域をなりわいにしているPR会社があらためてコミュニケーションの重要性に気づかされました。

 それをきっかけに、ソーシャルメディアで展開されているリレー企画にも参加するようになりました。面倒くさい、流行に乗りたくない、リレーした相手に迷惑が掛かるなどとネガティブ思考で眺めていましたが、人とのつながりへの枯渇感から180度転換し、今はむしろ積極的に能動的に参加しています。
 皆さんも経験されているかもしれませんが、腕立て伏せの“プッシュアップリレー”、読書を勧めるための“ブックカバーチャレンジ”は定番。旅行できない今だからこそエアトラベルを共有する“コロナで気が滅入るからみんなの動画で旅行しようぜ”や、旅行ライターでSmartrip Hawaii編集長の山下マヌーさんが始めた“ハワイチャレンジ”などは旅行に行けない人々の癒しになるばかりでなく、ロックダウンしていることで観光客が激減している国々の皆様の応援にもなっていることでしょう。お時間があれば皆さんもハワイの風を感じてください。 https://www.facebook.com/smartrip.hawaii/ 

 リレー企画は、途切れさせることのできないチェーン企画のように感じて批判している方もいらっしゃることは認識しています。でも、外出できないステイホームの今だからこそ、ソーシャルメディアの良さを活用して、人とのつながりを感じることは大いなるストレス発散に結びつくと思います。
 もう少しの辛抱です。みんなでこの危機を乗り越えていきましょう。