NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役専務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

愛媛・松山で洋酒文化を伝える名店“露口”

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

 

 1958年(昭和33年)に愛媛県松山市の二番町に開店以来63年間、洋酒文化を松山に伝えてきた「BAR露口」は14

席だけのカウンターバーで、ご夫婦で守り続けています。

 この店で供される少し濃いめのハイボールは、サントリーの中興の祖、佐治敬三氏が愛してやまなかった逸品でも

あります。

 3年前の60周年の際にお邪魔した時も、常連客が所狭しと集い、地元メディアの方々や東京から来たジャーナリストなどにより、松山だけでなく日本全国の洋酒ファンに露口が醸す洋酒文化が発信されているのです。

 南海放送では、7月7日(水)から「二番町の片隅で」と題した番組を毎週放送します。

 昭和、平成、令和の63年間、店主がカウンターから見守ったエピソードを紹介するそうです。語り部は“アンクルトリス”。ハイボールだけでなくカクテルのウンチクや街の歴史などについても聞けるそうなので楽しみです。東京で見られないのが残念ですが。

 ※「二番町の片隅で」脚本・監督:岩城一平/企画協力:阿部美岐子/ナレーター:屋良有作/南海放送テレビ 7月7日から毎週水曜日21時54分~22時/https://www.rnb.co.jp/tv/nibancyou/

 コロナ禍の影響で、外飲みもまだまだ不自由な時期ですので、しばらくは映像にて洋酒

文化を楽しめればと思います。世の中が少し落ち着いてきましたら、あらためて、露口の洋酒文化を体験しに足を運びたいと思います。