NEXT ONE

太田 浩嗣

太田 浩嗣
(取締役専務執行役員)

日々新しいソリューションが生まれるマーケティングPRのダイナミズムを共有できればと思います。日々生涯最高のソリューションを!共に悩み、新しい価値創造にお付き合いください。

 最後の晩餐はやはり

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Blog

                

 味覚の秋の到来で、食卓が夏色から少しずつ変化してきました。今年の9月初旬は記録的な低気温で、残暑もなくこのまま涼しくなってしまいそうな勢いで、既に鍋料理も何度か食卓を飾っています。そんな週末に、秋の味覚“秋刀魚(さんま)”を食しました。

 今年も秋刀魚不漁のニュースは、夏の後半から流れていましたが、なんとか水揚げ量も値段も昨年並みに落ち着きそうだということで、購入した初秋刀魚のお値段もまずまず。少々細身でしたが、脂の乗りも程よく、おいしくいただきました。

 何を隠そう、私は大の秋刀魚好きで、自分の好きな食べ物のベスト1は秋刀魚なのです(ちなみに、2位はスイカ、3位はトウモロコシです。夏場に集中しています)。

 家族の目の前に1尾ずつが並びますが、私の前には特別に2尾。たっぷりの大根おろしとともに、あっという間に平らげた次第です。また、プチ自慢としましては、魚の食べ方についてはかなり自信があります。平らげた2尾の秋刀魚は、きれいに頭と尾びれの間に骨だけが残ります。秋刀魚の食べ方については、子供たちにも受け継がれていまして、成人となった今では、友人たちに秋刀魚の美しい骨姿が驚嘆されているようです。私の亡父に至っては、骨まで食べていましたので、皿の上には頭だけが残っていましたっけ。

 旬の食材を食べることはメリットがたくさんあります。栄養価も高く、生産・漁獲量も豊富のため懐にも優しいお値段で手に入ります。季節の野菜料理や天然の魚の脂の乗り具合などから、四季を感じるという点では、子供の食育の観点からもとても大事なことですね。また、流通が発達したことで、より新鮮な旬を感じることができますし、何よりも食べ方自体も大きく変化してきます。私が子供の頃は、秋刀魚を刺し身で食べるなどということは全くありませんでしたが、今では家庭の食卓でも並べられるほど新鮮な秋刀魚が届くわけです。調理器具の発達はわが家の秋刀魚の炊き込みご飯にも革命を起こしました。どうしても生臭さが残るので、香り付けや味付けの工夫が欠かせませんでしたが、食材の新鮮さも相まって、全く生臭さを感じない美味なる炊き込みご飯が普通に食べられることも幸せなことですね。

 よく、明日地球が滅亡するとしたら、最後の晩餐(ばんさん)には何を?といった質問がありますが、私は、大根おろしたっぷりの旬の秋刀魚と白い炊き立てのご飯にみそ汁があれば言うことなしです。うーん、そうなると、地球滅亡の時期は秋でないと困りますが…。

 秋の夜長、それぞれのお好きな旬の味覚を楽しんでください。