企業広報戦略研究所 C.S.I. Corporate communication Strategic studies Institute

ニュース&トピックス

関西学生広告連盟に向けて企業広報セミナーを実施

企業広報は“価値づくり”の時代へ
― 企業はコロナ禍でどのように広報を行ってきたのか ―

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

広報マネジメント ブランディング その他

企業広報戦略研究所主任研究員の生井達也(いくいたつや)と、上席研究員の戸上摩貴子(とがみまきこ)が、6月26日に開催された関西学生広告連盟に向けた企業広報セミナーの講師として登壇しました。

 

本セミナーは、公益社団法人である「大阪広告協会」の学生事業の一環として企画された取り組みで、関西の複数大学の広告研究会に所属する学生で構成された「関西学生広告連盟」に向けて開催されました。

セミナーでは、広告とPR(広報)の違いを解説した上で、「企業はコロナ禍でどのように広報を行ってきたのか」をテーマに、企業広報が“話題づくり”から“価値づくり”への転換を迎えていること、および、ケース分析からみる“価値づくり”のポイントなどについて解説しました。

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

企業広報戦略研究所(電通PR内)  戸上(とがみ):070-6941-4938