ニュース&トピックス

米国の対日経済対策を分析した『ワシントン政策分析レポート』を刊行

印刷

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Tumblr
  • Linked In
  • Mail

Topics

各国の政治・経済動向が相互に影響を与えるグローバル社会において、諸外国の政策を早期に把握する必要性が高まっています。こうした背景を受け、当社は米国最大のアジア研究を専門としたシンクタンク「全米アジア研究所」(The National Bureau of Asian Research、以下NBR)と米国の対日経済政策の分析、対応・体制強化に関する協力関係を構築し、『ワシントン政策分析レポート』 を作成いたしました。

本レポートは、2019年4月に米国のアジア外交専門家と、電通PRのパブリックアフェアーズ専門家において協議された内容に基づいております。

■レポート概要

  • 日米経済関係
  • トランプ政権のエネルギー政策構想
  • 日米エネルギー関係
  • 最近の議会における貿易問題

 

<参考>

  • 米国のアジアへの関心は高まる
  • 日韓関係について
  • 中国の「一帯一路」構想について
  • モラーレポートについて

 

 

 

レポートダウンロードにあたって

『ワシントン政策分析レポート 』には、閲覧用パスワードを付与しております。保存・閲覧ご希望の方は、以下の情報を次のメールアドレス(info-@dentsu-pr.co.jp)宛にお送りくださいませ。弊社確認のち、改めてメールでご連絡させていただきます。なお、パスワードご送付先は企業・団体に限り、個人・競合の方はお断りをする場合がある旨、予めご了承ください。

・件名:【ワシントン政策分析レポート希望】

・本文:所属、役職、氏名、ご所属企業・団体のメールアドレス(※gmail、yahooメールなどフリーメールアドレス不可)